ハビコの日の丸日記

0

デザフェス34『緊縛写真3』と、お話。

こんばんはハララビハビコでございます。
少し間があいてしまいましたが緊縛写真3でございます!

df3413.jpg
CA3H027800020001.jpg


緊縛されている方はさん(クリックすると見れます)

めっちゃ華奢で小さかったす
レトロな格好だったので古典的な縛りで決めてみました(^W^)可愛かった
彼女はお嬢様学校少女部というまた素敵な部活動をされています。

い、いいなあ…はあはあ。


とま。
小出し小出しで写真を載せていきました。
許可してくれたお客様方、有難うございます。

さて、ここからは緊縛とは何ぞやというお話をちょっとだけしようと思います。
あくまで個人的な見解でございますがお付き合いしていただけると光栄です。

緊縛とは。

アートですか?
拘束具ですか?

美しくて感動しますか?
性的に興奮しますか?

などなど

私は別にどちらでもなんでもいいと思っています。
ただ性的な興奮を持っている方の場合はモラルをもってもらわないと困りますがwww

決め付け・固定するという概念はいらないと思っています。
デザフェスの緊縛体験中『縛り方はあるんですか?』という質問が結構ありました。
そりゃ気になりますよね、私も人の見ていたらめっちゃ気になりますwww

これもほとんどあってないようなものです。
ただ、身体を縛るのは体内の神経や血管も縛ることになりますので、問題が起きないような安全な縛り方・拷問で使われていた古典的な縛り方はいくつかあります。

しかし扱うのは大小様々な人間ですからみんなぴったりと同じ長さの縄で縛り上げることはできません。

○○縛りといっていたがネットや雑誌で書いてあった縛り方が違うというのもよくあります。
緊縛はプラモではないのです。

自由ですよね、??とか浮かんじゃいますよね。


とりあえず、何が言いたいかって、

この自由且つ危険な緊縛というジャンルに私の場合アート性をビンビン感じてしまった一人なんです。
まだ吊りもできないぺーぺーですし、コレ書いて内心びくびくだし、王道と邪道行ったり来たりしてますが、この世界は二極でできているからいい塩梅だと勝手に思っている。

話逸れちゃったけど、個々で好きにおもって貰えたらいいなと思っています。

それと私はSM緊縛が大好きです。
大好きだからこそアートとは思っていません、SMはアートという額縁をハメてしまってはいけない気がするんです。

私はアート性に向いた緊縛がしたいと思っています。
揺るがないように、一緒になってしまわないようにいまここでプチ宣言します。

HENTAIポップ宣言です。

ハララビハビコです
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。



緊縛とは押し愛の押し付け
めっちゃしっくりくるよ先生、いじめる気持ちはなくってよ。

ハララビハビコでした。
ごきげんよう

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hinomaruhabiko.blog.fc2.com/tb.php/38-d280d149
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。